【ISIS人質殺害】民主党・徳永エリ氏「イスラムの国は親日でした。日本は戦争をしない国、世界平和への希望の国だったからです」

  • 2015.01.26 Monday
  • 23:04
ちょっと遅いですが、コメント欄で民主党の嘘吐き代表こと徳永エリ議員の発言を教えて頂きました。

私はフェイスブックはやっていないので閲覧できなかったのですが、検索してみましたら「ズコーッ!」と。

民主党の徳永氏、「平和主義のお花畑脳」というより、悪いけれども近代史を理解してないんじゃないのだろうか???


徳永エリ氏

シリアでのISISによる、日本人身柄拘束事件、ついに私がずーっと言い続けていたことが現実となってしまいました。
イスラムの国は親日でした。日本は戦争をしない国、世界平和をの希望の国だったからです。
安倍総理がなんと言おうが、集団的自衛権の行使容認、憲法改正、武器輸出三原則の変更。国際社会は日本は変わってしまったと受け止めているのです。
いくら人道支援とはいえ、資金援助を大々的に記者会見でアピールする、テロ組織を刺激したことは否めないと私は思います。

images


何を言っているんでしょう?

>イスラムの国は親日でした。日本は戦争をしない国、世界平和をの希望の国だったからです。


徳永エリ氏は日露戦争での日本軍勝利にイスラム諸国やユダヤ人が狂喜した歴史を知らないのか?と。

ちょうど良い参考文献があるのでご紹介します。産経新聞入社後、テヘラン、ロサンゼルス各支局長を務めたジャーナリストの高山正之氏の文章です。

------------------------------------------------

イスラムの日本最強伝説

アッラーを信じる人々をムスリムという。
ムスリムは死ぬまでに一度メッカに巡礼にいく。これをハッジといい、巡礼から戻ると、その栄誉を誇って自分の名に「ハッジ」を冠せられる。

イスラム暦十二月の巡礼月にはそういうわけで世界の各地から多くのムスリムがメッカを目指す。まともな交通路もなかった二十世紀初めでもその数は数十万にのぼったという。

その中には奴隷身分を脱したアメリカ大陸の黒人たちも混じっていた。

巡礼月もそれ以外の小巡礼(ウムラ)でも、人々はまずカーバの黒石を巡り、翌日はアラファトの山に行き、次の日はミナーの谷を巡る。すべての行を終えると子羊を生贄に捧げる。

彼らはこの期間、お互いの故郷で見聞した出来事を語り合い、それはイスラムの民の情報網として確立されていた。

二十世紀初頭、巡礼にきた人たちは一つの戦争に関心をもった。見たこともないアジアの小さな国が強大なロシアを相手に戦争を挑み、しかも結構がんばっていたのだ。

イスラム最強の国はオスマントルコだ。そのトルコが十度戦い全敗したのがロシアだった。「白人には敵わない」とは孫文の言葉だが、ムスリムもそう思い込んでいた。

だから彼らは日本人がロシア軍を陸で、海でやっつけていくことに興奮した。それがメッカの話題をさらい、日本はイスラムのヒーローとなっていった。

1904年に始まった日露戦争の情報はそうして世界に広がっていった。小巡礼にいく人々が故郷で得た情報をそれに付け加え、続報は途切れなく世界に広まった。マダガスカルのムスリムからは喜望峰を回ってきたバルチック艦隊の威容が伝えられた。

新疆のムスリムからは黒木将軍の武勇が伝えられた。

それがどれほどイスラムの人々を興奮させたかを英国の旅行家ガートルード・ベル女史が『シリア縦断紀行』に記している。

「人里離れた野営地でも彼らの話題は決まって日露戦争に行きつき、信じられないことにそれは最新の情報を含んでいた」と彼女はその情報網に驚く。そして、「シリアだけでなく小アジアでもどこでも全てのムスリムが日本人に共感を抱いていた」と。

日露戦争が日本の勝利に終わると、エジプトの「アル・モヤド」紙は「日本をイスラム国家にし、植民地支配から脱する戦いに協力を得よう」と主張した。

イスラムの著名な詩人ハフェズ・イブラヒムは「日本の乙女」という詩を発表した。強い日本を讃えるこの作品はつい近年までアラブ諸国の教科書に載せられていた。

そして日本が再び白人国家を相手に戦争、つまり第二次大戦を始めたとき、メッカから戻った米国の黒人団体「Nation of Islam」幹部の間で「一つの神話が深く信じられた」ことがJ・リプシッツ・カリフォルニア大教授の研究で明らかにされた。それは艦載機千機を搭載する空飛ぶ空母「エゼキエルの船」の神話で、艦載機には五十マイル四方を一瞬にして破壊する爆弾が積まれている。

この無敵の空母の設計図がメッカから日本に送られ、そこで建造されることになっていた。もっとも日本にはその空母を建造するほどの資源が何もないことを彼らは知らなかった。

イスラム圏で日本の評判はいいと、外交官殺害を受けた紙面で朝日新聞が書いていた。だから嫌われる米国にくっついて自衛隊を派遣するより、その立場を生かせ、と。

菅直人も死人が出たらどうする、と交通安全協会みたいなことを言う。

日本の評判がいいのはその昔、日本人が勇敢で強かったからだ。

イラクは危ないから逃げ出せば、せっかくの日本への信頼も消える。

いい加減、我々も日本人に戻るときではないのか。

hqdefault


(週刊新潮2003年12月18日号掲載/『変見自在 ジョージ・ブッシュが日本を救った』新潮文庫/2011年1月1日発行/高山正之氏著より)


今から12年前の高山先生のコラムですが、全くですね。今も頷くこと然りですが、その反面、耳が痛いです。


さて、嘘吐き代表・徳永エリ氏

>イスラムの国は親日でした。日本は戦争をしない国、世界平和をの希望の国だったからです。

徳永エリ氏の時系列の認識はオカシイ。

イスラム諸国の親日の理由は、当時、世界最強といわれていたロシアを、アジアの小国に過ぎない日本が破ったからです。

『戦争をしない日本だから親日』ではなくて、『大国ロシアに勇敢に挑み、勝利した日本だから親日』に『なった』のですよ。


ちょっと補足しますと、ロシアの膨張主義は有名で、フレデリック・シューマンの『ソ連の内政と外交』によれば、1613年にロマノフ王朝が成立して以来、1916年に至る300年間のロシアの領土拡大の進行は1日平均60平方マイルの割合ということです。

ロシアは、イワン4世がモスクワ大公に即位した翌1547年にツァーリ(*皇帝)を自称し拡張主義政策を実行。7つの海を目指しウラルを越え、東へと領土拡大し短期間でオホーツク海に達し海を越えアラスカにも渡ったのです。その後、東ばかりか南進を計画し千島列島から島伝いに日本列島へ、シベリア沿岸から朝鮮半島、満州、更にはモンゴル、東トルキスタン、アフガニスタンへと進出。地続きで侵略されていたイスラム諸国や北欧諸国がロシアを忌々しく思っていたのは間違いのです。

ロシアの野放図な膨張は東アジアへも向けられ、不凍港と朝鮮半島の利権を奪取すべく南下政策が取られた。朝鮮半島がロシア領になれば日本海はロシアの内海と化すのは目に見えています。

南下政策で自国が侵略されつつあるというのに李氏朝鮮の宮廷内では舅と嫁が保身合戦の内紛です。

非常に残念な事ですが、当時、日本の生殺与奪の権を握っていたのは地政学的に朝鮮半島だと誰もが考えたのですね。(どう考えても、この期に及んで内紛している李氏朝鮮王朝より、短期間で米国・中国・インドを上回る領土拡大してしまったロシア帝国の方が脅威です)

で、祖国防衛のため強大なロシアに日本は戦いを挑み、そして、勝利した、と。

ロシアに侵略されていたポーランド、フィンランド‥トルコなどの狂喜はいかばかりだったか?

所で、徳永エリ氏は北欧での『トーゴー』人気を知らないのでしょうか?

『トーゴー』とは、旗艦『三笠』にて海軍の作戦全般を指揮、黄海開戦では旅順艦隊を駆逐、日本海海戦では世界最強と言われたバルチック艦隊を迎撃し勝利した東郷平八郎。当時、海外では「東洋のネルソン」「アドミラル・トーゴー(東郷提督)」と讃えられた東郷元帥です。

c0222861_11321391

▲日本海軍の東郷平八郎元帥

北欧では、忌々しいロシアのバルチック艦隊を日本が撃破したと伝わると、東郷元帥にあやかり生れた愛しい我が子の名に『トーゴー』と名付けるのか流行ったそうです。

tougoubeer_02

▲フィンランドでは東郷元帥の名をつけた『東郷ビール』も復活


誰がどう考えても、『戦争をしない日本⇒だから親日』ではなくて、『強大国ロシアに挑み勝利した日本⇒だから親日』でしょう。


徳永氏の時系列の認識はオカシイ!

pr_01_over

▲徳永氏の三つの提言

■TPP交渉参加には断固反対
■原発に依存しない社会・子供・被災者支援
■憲法第九条を守る責任

by.民主党 徳永エリ


images

‥徳永氏の理論は、本当に理解できない‥。いや、文章をまとめようとすればするほど頭が痛くなってきました‥。マジで分からないんですよ。

▼徳永エリ氏の主張

『イスラムの国が親日だったのは、日本が戦争しない国だったから』

???

『憲法第九条を守る責任』

???

考えれば考えるほど分かりません。

日本国の国会議員だったら『憲法九条を守る責任』より先に『日本人を守る責任』発して欲しいと思いますね。


主婦ブログ参加中です♪
「民主党の徳永エリ氏の歴史認識は流石にオカシイ!」と思われた方はポチッとお願いします☆ 

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

  • 2018.02.20 Tuesday
  • 23:04
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    おはようございますw(ニコニコ

    いとしのエリーちゃんの歴史認識がおかしいのはアカヒ新聞しか読んでいなかったのでは ? アカヒの言いたい事が自然と出てしまい…。

    >いくら人道支援とはいえ、資金援助を大々的に記者会見でアピールする、テロ組織を刺激したことは否めないと私は思います。

    ※これって「政府がイスラム国に宣戦布告したようなもの。」「イスラム国はテロで反撃せよ。」と暗に言っていませんか ?

    今は政府の対応に多少の不満があろうとなかろうと、人質奪還に向けて野党も全面的に協力すべき時。

    テロ事件を肴にして、安倍バッシングの美酒に酔っているだけでしょうね。

    その証拠に「人質奪還」については何も書かれていません。安否を気遣う言葉も全く見えません。


    • causal
    • 2015/01/27 10:50 AM
    >>causal様
    こんばんは。

    >今は政府の対応に多少の不満があろうとなかろうと、人質奪還に向けて野党も全面的に協力すべき時。
    本当にそうですよね。

    テロに乗じて安倍政権批判に、「戦争反対」「秘密保護法反対」ですもんね。
    バカバカしい‥。

    >その証拠に「人質奪還」については何も書かれていません。
    全く触れないのが不思議ですよね。

    コメントありがとうございます。
    • tokiy
    • 2015/01/27 5:53 PM
    こんなん出てますな

    「朝日新聞」を8700人が集団提訴 慰安婦問題「虚偽報道で人格傷つけられた」…1人「1万円」の慰謝料と謝罪広告求める
    http://www.sankei.com/affairs/news/150126/afr1501260037-n1.html

    「朝日新聞を糺す国民会議」では、「朝日新聞集団訴訟」の原告を募集いたします。
    http://www.asahi-tadasukai.jp/

    集団訴訟原告10000人超

    まだまだ募集中
    • かずにゃん
    • 2015/01/27 6:16 PM
    >>かずにゃん様
    きましたね。

    呼びかけ人は凄い顔ぶれですね。

    注目の裁判ですね。

    コメントありがとうございます。
    • tokiy
    • 2015/01/27 6:39 PM
     こんにちは。再び。

    「マッサン」のエリーちゃんならぬ「抹惨」の徳永エリーちゃん。
    「イスラムの国は親日だ・っ・たw」

    なぬ ? 過去形ですか ? では現在中東の産油国は反日の嵐が吹き荒れ、日本に対して石油禁輸処置を取っていないとなりませんがw

    あっ、ナントカの耳に念仏ですね。
    • causal
    • 2015/01/28 12:18 PM

    >>causal 様
    > では現在中東の産油国は反日の嵐が吹き荒れ、日本に対して石油禁輸処置を取っていないとなりませんがw
    いやいや、そんな高度な思考を徳永が理解できると思えません。

    この人、色々おかしいですよね。
    安倍総理の靖国参拝も「拉致被害者家族が不快に思っている」とか国会で発言したり。
    当時の古屋拉致担当大臣に「それはどのご家族ですか?」と詰め寄られてアワアワして誤魔化すだけでしたし。

    妄想が本人の中では事実と認識されるんですかね?

    民主党はこんなのばっかですよね。

    コメントありがとうございます。
    • tokiy
    • 2015/01/28 7:26 PM
    CHANEL スーパーコピー 財布
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    主婦ブログ参加中♪

    人気ブログランキングへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM