スポンサーサイト

  • 2018.07.12 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    共謀罪反対者がシュプレヒコール「共謀罪は民主主義の否定」「密告社会を許さない」…???

    • 2017.03.22 Wednesday
    • 00:11

    本日、「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案が
    閣議決定しました。


    で、毎度のことながら横断幕やプラカードを持った市民達が官邸前でシュプレヒコール。その数、主催者発表で300人ですと。

    バカでかい横断幕をご丁寧に用意してどこが一般市民なんでしょうね?

     

    ▼待ち構えて取材する時事通信もどーせツーカーなんでしょ?

     

    a9a32fd9d6445b68b9d8b8458e79baa8

     

     

    ----------------------

     

    ◆共謀罪「民主主義の否定」=雨の中、官邸前で抗議集会

    (2017.3.21)http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032100502&g=soc

     

    「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が閣議決定された21日、東京・永田町の首相官邸前では雨の中、法案に反対する集会が開かれ、「共謀罪の新設反対」「密告社会は許さない」などとシュプレヒコールが上がった。


     集会には主催者発表で約300人が参加。出勤前のサラリーマンらの姿も見られた。


     東京都三鷹市の無職斉藤優さん(70)は「母から戦争はある日突然起きるのではなく、国民の手足をしばり、口を閉ざしてからやって来ると聞いた。共謀罪は戦争につながる第一歩だ」と閣議決定を憤った。


     出版社に勤める埼玉県朝霞市の小日向芳子さん(59)は出勤前に参加。戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」に触れ、「共謀罪が導入されれば同じように、やってもいない犯罪をでっち上げられ、巻き込まれるかもしれない。密告社会になるのではないか」と不安そうに話した。


     日本国民救援会の鈴木猛事務局長(56)はマイクを手に、「話し合いは民主主義の土台だ。民主主義の根幹を否定するような法案は絶対に許さない」と声を荒らげた。


     近くの参院議員会館では、安全保障関連法などの抗議活動をした「SEALDs(シールズ)」の元メンバーらが設立した新団体「未来のための公共」が記者会見し、大学生の福井周さん(19)が「テロ対策は現行法で十分に対応可能だ。必要以上に解釈の余地を残せば国家権力による恣意(しい)的な運用が行われ、市民の政治的自由が侵害される」とする声明を読み上げた。

     

    ----------------------

    ツッコミ所満載です。

     

    >埼玉県朝霞市の小日向芳子さん(59)は出勤前に参加。「共謀罪が導入されれば同じように、やってもいない犯罪をでっち上げられ、巻き込まれるかもしれない。密告社会になるのではないか」と不安そうに話した。

     

    北朝鮮の事を言ってるの?


    >大学生の福井周さん(19)が「テロ対策は現行法で十分に対応可能だ。必要以上に解釈の余地を残せば国家権力による恣意(しい)的な運用が行われ、市民の政治的自由が侵害される」

     

    現行法では北朝鮮の拉致実行犯も手引き者も支援者も全く捕まえらないです。

     

    この反対している人達、自分達が捕まるかもしれないと思ってるから反対しているんでしょうね。

     

    さて、本題はここから。この共謀罪に反対する人達、そしてその反対の声を『民主主義の否定』など見出しをつけて時事通信は何故取り上げるのでしょう?

     

    紹介したいのは【スイス民間防衛】の中の『敵は同調者を求めている』の章です。


    非常に興味深いのです。かいつまんで書きます。


    国を内部から崩壊させるための活動はスパイと新秩序のイデオロギーを信仰する者の秘密地下組織を作る事に始まる。

    この地下組織は最も活動的でかつ危険なメンバーを国の政治上層部に滑り込ませようするのである。


    彼らの餌食となって利用される「革新者」や「進歩主義者」なる者は新しいものを待つ構えだけはあるが社会生活の具体的な問題解決には不慣れな者の中から目をつけられ引き入れられる。

     

    数多くの組織が巧みに偽装し、社会的進歩や正義、平和、全ての人に福祉の追求をという口実の元「新秩序」の思想を少しづつ宣伝していく。

     

    不満な者、弱い者、理解されない者、落語した者…こういう人たちはこのような美しい言葉が気に入るに違いない。

    また、インテリ達は本当に非合法な激しい活動は避けながらますます多くの同調者を引き付けようとする。彼らの活動は『表現の自由』の名の元に行われるからだ。


    スイスは第二次大戦後、二度と侵略戦争をしない事を誓い平和に徹する事を国の方針にした国です。しかし、平時から戦時に備えて二年分の食料・燃料を蓄え、24時間以内に最新鋭の武器を備えた50万の兵力の動員が可能という体制で自国の平和と民主主義を守っています。


    そのスイスの各家庭に一冊配布されているのが、ここで紹介した文章も掲載されている『スイス民間防衛』という書籍。
    他国の侵攻や災害時のマニュアルも記載されていますが、興味深いのが『戦争のもう一つの様相』という内部からの崩壊に備えるスパイ対策です。

    面白いので、見かけたら読んでみてください。

     

    読んでみると今の日本のマスゴミの情報操作や手口が理解できます。

     

    今回の時事通信の記事は情報操作でいう『バンドワゴン効果=ある意見が多数に受け入れられていると情報を流す事で「皆がそう言っているのだから正しいのだろう」と錯覚させる手法』と『カードスタッキング=本来はトランプのいかさまの意味。都合の良い事を強調(*「市民の政治的自由が侵害される」)し、都合の悪い事は矮小化する(*「テロ対策は現行法で十分に対応可能だ」などと現行法ではテロ対策は十分じゃないのに)』

     

    あと、時事通信の記事は上記の『バンドワゴン効果』『カードスタッキング』に『プレゼンス効果』も利用してます。

    『プレゼンス効果』とは現場から発信される情報は人々に現実のものと受け取られやすいので、何が何でも現場から「こんなにも大勢の人が反対しています!」などと発信するのです。

     

    本当は動員かサクラなのに。

     

    85201c_2a2ebc5568ea4df2b1077c459ee0e1a0-mv2

     

    ▲これが個人個人勝手に集まった一般人に見えますか?どー見ても動員された党員です

     

     

    こうしてみるとマスゴミの記事の作り方が分かってきますね。ただ、もう情報発信はマスメディアの専売特許じゃないですし、言動が古臭く突飛過ぎて普通の人はついてこないと思います。

     

    横断幕にシュプレヒコールで「民主主義の否定」に「密告社会」って…普通の人からしたら「はぁ?」ですよ。

     

    >東京都三鷹市の無職斉藤優さん(70)は「母から戦争はある日突然起きるのではなく、国民の手足をしばり、口を閉ざしてからやって来ると聞いた。共謀罪は戦争につながる第一歩だ」

     

    バカでねーの?

     

    70歳にもなって"母から聞いた"じゃなくて、大東亜戦争でも日清戦争でも日露戦争でも対戦になった過程を自分で調べなさい。

     

     


    主婦ブログ参加中です♪
    「共謀罪 一般人は全く困らない!」と思われた方はポチッとお願いします☆ 

     


    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    • 2018.07.12 Thursday
    • 00:11
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      私は戦時中を体験していないのですが、反対派はどうでも大東和戦争に関連付けているようで非常に気持ちが悪いです。
      一般市民にすると、横断幕をはじめプラカードといい用意がいいですね。
      まるで、誰かが作ったような統一感は、とても手作りじゃないし。
      マスコミの腐った報道をみるにつけ、スイスの民間防衛の内容が合致しているように感じます。
      とにかく、共謀罪の早期成立とあわせてスパイ防止法も成立を願っています。
      • 19回目の神経衰弱
      • 2017/03/22 6:09 PM
      おはようございます。
      「共謀罪は戦争につながる第一歩」ですかw 「自衛隊が来たら婦女暴行事件起きる」と書きコした市議さんもいましたねw(ゲラゲラ
      【反対派のネガティブキャンペーン】
      「共産党山下副委員長」
      「同僚と一杯やりながら『あの上司ムカつくね、今度やっつけてやろう』と合意したら罪になる」
      はは呑気だね。と言うよりはバカですねw 国民はそれに騙される程、バカでは無いのですが。
      中東でも日揮の社員やジャーナリストなどがテロ組織の犠牲になったし、つい最近ではロンドンでテロ事件も起きた事だし。
      日本は「国際組織犯罪防止条約(パレルモ条約)」を締結していない国連加盟国であり、先進国では日本だけ。

      それでも反対しますかね ?
      反対派はこの人と同じかも知れませんw
      「『憲法9条を守ってほしい』と友人に言ったら『よその国が攻めてきたらどうするのか』と言われて、言葉に詰まってしまいました。」

      ■吉永小百合と姜尚中が緊急対談「新しい戦前」回避するために
      [ 2016年08月19日 ]
      https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-336362.html





      • causal
      • 2017/03/26 6:14 AM
      >19回目の神経衰弱 様
      お久しぶりです。
      >反対派はどうでも大東和戦争に関連付けているようで非常に気持ちが悪いです。
      共産党じゃないですかね?
      地元のボロアパートの1Fを事務所にしている共産党はポストに『戦争反対!』ってシール?を貼ってました。
      誰に何を訴えたいのか分かりませんね。

      >共謀罪の早期成立とあわせてスパイ防止法も成立を願っています。
      本当ですね。マイナンバーもできた事ですし、早く銀行も止めちゃえばいいのにと思います。

      > causal 様
      共産党の共謀罪の例えは凄かったですね。
      普段からそんな事ばっかしてたのかーとビックリですし、犯罪の意識がないというのも驚きでした。
      吉永小百合×姜尚中の対談読んできました。

      >吉永小百合『よその国が攻めてきたらどうするのか』と言われて、言葉に詰まってしまいました。
      思考停止ですね。吉永さんボケてきてんじゃないでしょうか?

      19回目の神経衰弱様、causal 様コメントありがとうございます。
      • tokiy
      • 2017/03/28 12:36 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      主婦ブログ参加中♪

      人気ブログランキングへ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 逢坂誠二議員(立憲民主党)「UFOの襲来は安保法制が適用されるか?」と政府に質問
        tokiy (07/12)
      • 逢坂誠二議員(立憲民主党)「UFOの襲来は安保法制が適用されるか?」と政府に質問
        八百屋 (07/08)
      • 逢坂誠二議員(立憲民主党)「UFOの襲来は安保法制が適用されるか?」と政府に質問
        causal (06/02)
      • 逢坂誠二議員(立憲民主党)「UFOの襲来は安保法制が適用されるか?」と政府に質問
        tokiy (03/07)
      • 逢坂誠二議員(立憲民主党)「UFOの襲来は安保法制が適用されるか?」と政府に質問
        19回目の神経衰弱 (03/05)
      • 【朝日新聞は仕込みのヤラセ記事どろこか妄想で記事を書く】
        tokiy (02/23)
      • 【朝日新聞は仕込みのヤラセ記事どろこか妄想で記事を書く】
        19回目の神経衰弱 (02/21)
      • 朝日新聞は反論できないと提訴する
        tokiy (01/24)
      • 朝日新聞は反論できないと提訴する
        19回目の神経衰弱 (01/17)
      • 【どんだけ】生活保護で回転寿司40皿!【食べんねん!】
        おもしろいけど (12/16)

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM